小指の負担解消! Windowsの半角/全角切り替えを親指でやる

注) windows10の操作になります(2020年6月20日現在)

Windowsで日本語/英語を切り替えるのって大変じゃないですか?

私はWindowsとMacの両方を使うのですが、
Macでは日本語キーボードモデルでは下図のようになっています。

これ、とてもシンプルでやりやすい。
英語を打ちたければ左の親指
日本語を打ちたければ右手の親指
でスペースキーの左右を叩きます。

ちょっと設定いじるだけでwindowsでこれできるんです。

そんなに便利か??と思ったあなた是非やってみて頂きたい!
私はすごく感動しました。
  • 1: 小指でキーボードの端。。
  • 2: 親指使いましょう
  • 3: インストール不要
  • 4: しかも簡単
  • 5: 無変換に半角を割り当てよう
  • 6: やり方
    • 6.1: 設定画面を開く
    • 6.2: 設定変更
  • 7: まとめ
  • 8: 最後に

小指でキーボードの端。。

windowsの何がめんどくさいって小指を左上の一番端まで伸ばして半角と全角を入れ替えることです。

しかも押すことによって入れ替えられるといことで、いまどちらのモードなのかを画面の右下を見ないとわからずという。。。
何度も逆側に切り替えてしまったりしてイラつきました。

親指使いましょう

半角/全角の入れ替え回数ってかなり多いのにあんなに隅に追いやられて小指を伸ばして押さないといけない。

一方で親指が余るんですよね
その親指のちょうどいい場所にある変換キーと無変換キー有効利用しましょう。

インストール不要

キーバインドのソフトはフリーでもたくさんあるのですがあんまりインストールしたくない。そもそも会社のパソコンだったりするとフリーソフトのインストール禁止であることが多いと思います。

こちらの方法ではフリーソフトのインストールは必要ないので心配ご無用です。

しかも簡単

ではレジストリとかいじらないといけないの?
というとそんなことはなくて全然簡単です。

すぐにできるので騙されたと思ってやってみてください

無変換に半角を割り当てよう

具体的にはキーの配列を変更します。
  • 無変換キーに半角
  • 変換キーに全角
します。

やり方

設定画面を開く

まずはタスクバーから設定画面にいきましょう

タスクバーのIMEを右クリック
プロパティをクリック

Microsoft IMEの設定がポップアウトします。

詳細設定をクリック

全般タブの編集操作にある変更をクリック。
設定画面がポップする

設定変更


無変換にIME-オフ
変換にIME-オン
を設定します。

それぞれダブルクリックすると
キー設定がポップアップするので機能を選びます。
OKを押して終了。

まとめ

  • windowsの半角/全角の切り替えを親指で行えます。
  • その他ソフトインストール不要
  • 難しい設定無し

最後に

MacのUSキーボードを使っている場合でもこの親指による半角/全角切り替えが楽なのでアプリを入れて対応するのが一般的ですよね。

すごく簡単な設定変更でものすごくタイピングが楽になるので是非やってみてください。
controlもすごく使うのに左下の一番下ですよね。。。